北海道銀行

MENUを開く

  • 店舗・ATM検索
  • 各種手数料
  • 利率一覧
  • どうぎん取引照会アプリ
  • 口座をひらく
  • カードローンラピッド
  • 投信基準価額
  • 外国為替相場情報
  • よくあるご質問
個人のお客さま
  • TOPページ
  • 口座をひらく
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる
  • 便利に活用する
  • ライフイベント
  • 各種サービス
  • お問い合わせ
法人のお客さま
  • TOPページ
  • 資金調達
  • 経営・事業支援
  • 為替業務
  • 海外進出
  • 成長分野
  • EBサービス
  • でんさいサービス
  • お知らせ
  • 株主・投資家の皆さま
  • 北海道銀行のご案内
  • 採用のご案内

メニューを閉じる

よくある質問

でんさいの開示

でんさいの内容の開示手続について教えてください。

通常開示はインターネットバンキング(当行の場合はヒジネスWEBサービス)により、債権照会(開示)をしていただけます。

  • 常開示の手続は、窓口金融機関により取扱いが異なります。
    特例開示は「特例開示請求書」を窓口金融機関へ提出いただくことになります。
  • 業務規程 第57条
  • 利用規定 第23条

上に戻る

「通常開示」と「特例開示」の違いについて教えてください。

「通常開示」とは、自らが債権者、債務者、および電子記録保証人であるでんさいの情報および記録請求にあたり提供した情報を開示するものです。
「特例開示」とは、通常開示の対象外となるでんさいの内容および記録請求にあたり提供された情報を開示するものです。

  • 業務規程 第57条
  • 業務規程細則 第56条

上に戻る

「特例開示」は誰でもできますか?

債権者、債務者、電子記録保証人、対象となるでんさいの債権記録に記録されている者およびその相続人、ならびにこれらの者の財産の管理および処分をする権利を有する者に限ります。

  • 業務規程 第57条1項
  • 業務規程細則 第56条4項

上に戻る

複数の金融機関ででんさいネットを利用していますが、当社が関係している全てのでんさいを開示した場合には、「開示請求」をそれぞれの金融機関にする必要がありますか?

複数の窓口金融機関ででんさいネットを利用しており、利用者が関係している全てのでんさいを開示したい場合には、「開示請求」をそれぞれの金融機関にする必要があります。

  • 業務規程 第57条
  • 業務規程細則 第56条

上に戻る

当社が関係しているでんさいの情報は金融機関にも開示されるのでしょうか?

開示されます。
金融機関は、自らを窓口金融機関とする利用者のでんさいについて、でんさいネットに開示を請求することができます。

  • 業務規程 第57条

上に戻る

でんさいの開示を受けたところ、譲渡記録の「譲渡人欄」が空欄になっています。記載漏れではないでしょうか?

通常開示(最新債権情報開示)では、譲渡記録がされている場合でも、その内容は記載されません。
また、通常開示(全部開示)では、最新の譲渡記録のみ記載され、それ以外の譲渡記録がされている場合でも、その内容は表示されません。 なお、通常開示(全部開示)で表示されない譲渡記録が記録された記録事項の開示を希望する場合は、窓口金融機関を通じて書面により特例開示をしてください。

  • 業務規程 第57条1項
  • 業務規程 第57条2項
  • 業務規程細則 第56条

上に戻る

利用契約を解約した後でも、でんさいの開示を受けることはできますか?

以下の情報に限り、利用時の窓口金融機関を通じて開示を受けることができます。

  1. 支払不能処分または取引停止処分の有無および支払不能情報の内容
  2. 債権記録に記録されている事項
  3. 記録請求に際して窓口金融機関を通してでんさいネットに提供した情報
  • 業務規程細則 第5条
  • 業務規程 第57条
  • 業務規程 第59条

上に戻る

  • 業務規程とは、株式会社全銀電子債権ネットワーク業務規程のことです。
  • 業務規程細則とは、株式会社全銀電子債権ネットワーク業務規程細則のことです。
  • 利用規定とは、道銀電子債権サービス利用規定のことです。