北海道銀行

MENUを開く

  • 店舗・ATM検索
  • 各種手数料
  • 利率一覧
  • どうぎん取引照会アプリ
  • 口座をひらく
  • カードローンラピッド
  • 投信基準価額
  • 外国為替相場情報
  • よくあるご質問
個人のお客さま
  • TOPページ
  • 口座をひらく
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる
  • 便利に活用する
  • ライフイベント
  • 各種サービス
  • お問い合わせ
法人のお客さま
  • TOPページ
  • 資金調達
  • 経営・事業支援
  • 為替業務
  • 海外進出
  • 成長分野
  • EBサービス
  • でんさいサービス
  • お知らせ
  • 株主・投資家の皆さま
  • 北海道銀行のご案内
  • 採用のご案内

メニューを閉じる

ホーム > 便利に活用する > 道銀ダイレクトサービス > よくあるご質問 > ワンタイムパスワードおよびIBロックのご利用に関する質問

よくあるご質問

ワンタイムパスワードおよびIBロックのご利用に関する質問

ワンタイムパスワードの基本事項に関する質問

ワンタイムパスワードとは?

ワンタイムパスワードとは1分ごとに変化する使い捨てのパスワードです。
インターネットバンキングの下記のお取引を行なう際、従来の固定式パスワードに加え、1分ごとに変化する使い捨てのパスワードを入力することで取引の安全性を向上させる機能です。万が一、固定式パスワードを第三者に盗まれても使い捨てのパスワードも同時に分からないとサービスにログインすることはできません。この使い捨てのパスワードを「ワンタイムパスワード」と呼び、ワンタイムパスワードを自動作成する機器を「トークン」と呼びます。北海道銀行では、専用機器の「ハードウェアトークン」とお客様の携帯電話や、スマートフォンに取込むアプリ形式の「ソフトウェアトークン」のどちらかを選択いただけます。
(トークンの利用に関する手数料はかかりません。ハードウェアトークンを紛失された場合は再発行手数料がかかります。)

【ワンタイムパスワードを必要とする取引】
(1)インターネットバンキングへのログイン
(2)振込
(3)収納サービス(民間のみ)
(4)振込限度額変更
(5)お客様情報(メールアドレス、DM送信希望状況、連絡先電話番号)変更
(6)第2メールアドレス利用変更
(7)住所変更
(8)トークンの有効期限到来に伴う切替
(9)ワンタイムパスワード利用開始

ワンタイムパスワードの詳細につきましては「ワンタイムパスワードのご利用について」をご覧ください。(別ページへリンクします。)

上に戻る

ソフトウェアトークンとして利用可能な携帯電話や、スマートフォンの機種は?

ソフトウェアトークンとしてご利用可能な携帯電話の機種はこちら
ソフトウェアトークンとしてご利用可能なスマートフォンの機種はこちら
((株)NTTデータのページへリンクいたします。こちらのリストに掲載されていない機種ではアプリのダウンロードができないため、ワンタイムパスワードをご利用する際は「ハードウェアトークン」のご利用をお願いします。)

上に戻る

携帯電話やスマートフォンの操作方法についての問合せ先について

お手持ちの携帯電話やスマートフォンの操作方法や各自のサービスの契約内容などの詳細は当行ではわかりかねますので、機器を購入された店舗や下記の各携帯電話会社のサポート窓口までお問合せください。

  1. (1)DoCoMoの場合
    DoCoMoインフォーメーションセンター
    DoCoMoの携帯電話からの場合:151(無料)
    一般電話からの場合:0120-800-000
  2. (2)auの場合
    総合案内
    auの携帯電話からの場合:157(無料)
    一般電話からの場合:0077-7-111
  3. (3)SoftBankの場合
    総合案内
    SoftBankの携帯電話の場合:157(無料)
    一般電話からの場合:0088-21-2000

上に戻る

ソフトウェアトークンの発行申請に関する質問

利用開始パスワードとは?

利用開始パスワードとは4~8桁の数字で任意に決めていただきます。ダウンロードしたソフトウェアトークンをインストールする際に一度だけ使用します。操作の途中で忘れた場合はトークン発行の操作から再度やり直しが必要です。

上に戻る

URLを通知するメールが届かない

トークンのダウンロード先をご連絡する電子メールは「@otp-auth.net」から配信されます。操作開始前にメールを受信する端末のセキュリティ設定などを当該メールが受信可能な状態にしてから操作を行ってください。

上に戻る

トークンの種類を変更したい

  1. ソフトウェアトークンをハードウェアトークンに変更する場合
    パソコン画面からご自身でソフトウェアトークンの「利用解除」の操作を行なうとハードウェアトークンを新たにお申し込みいただくことが可能になります。
  2. ハードウェアトークンをソフトウェアトークンに変更する場合
    ハードウェアトークンは「利用解除」の操作はできませんのでソフトウェアトークンへの変更は最寄の支店窓口で書面による手続きが必要です。(この場合、発行ずみのハードウェアトークンは回収させていただきます。)
  • ワンタイムパスワード利用解除や一時停止の操作を行うと、「振込・振替」の1日あたりの上限金額は一律で50万円までに変更されますので、必要に応じてワンタイムパスワードの再登録が完了した後、限度額の変更の操作を行っていただくようお願いいたします。(限度額を引下げした場合は即時反映されますが、引上げは操作いただいた3日後からご利用可能になります。)

上に戻る

ワンタイムパスワードの利用開始手続きに関する質問

アプリロック機能とは?

アプリロック機能とはインストールしたアプリを開く際にパスワード(一般の携帯電話の場合は英数字で1~32文字、スマートフォンの場合は1~32桁の数字)を設定してロックする機能です。ご利用の有無はお客様の任意ですが、忘れてしまうとアプリを開くことができなくなり、ワンタイムパスワード利用解除(ダイレクトサービスへお電話いただくか、最寄の支店窓口での書面による手続き)が必要になります。

上に戻る

ハードウェアトークンを申し込んだのに届かない

ハードウェアトークンは通常2週間程度でお届けいたしますが、お申込から1ヶ月以上経過しても届かない場合は「銀行届出住所の相違」「不在のため差出人へ返送」などが考えられますので、道銀ダイレクトサービス【フリーダイヤル0120-506-201 フリーダイヤルをご利用いただけない場合
011-818-1125(有料) 受付時間:平日9:00~17:00】へお問合せ下さい。

上に戻る

ワンタイムパスワード利用中のご注意

ソフトウェアトークンの削除、アプリのアンインストールについて

ダウンロードした専用アプリは一旦インストールすると「ワンタイムパスワード利用解除」の操作をご自身で行わない限り、常に有効です。このため端末を修理に出して工場出荷状態に戻ってしまった場合や、ご自身で誤ってアプリを削除してしまうと、サービスに一切ログインできなります。
また端末を機種変更する場合も事前に「ワンタイムパスワード利用解除」の操作をご自身で行なってから、新端末でアプリをダウンロードし直す事が必要です。誤ってトークンを削除したり、専用アプリをアンインストールした場合にはダイレクトサービスへお電話いただくか、最寄の支店窓口で書面による手続きが必要になります。

  • ワンタイムパスワード利用解除や一時停止の操作を行うと、「振込・振替」の1日あたりの上限金額は一律で50万円までに変更されますので、必要に応じてワンタイムパスワードの再登録が完了した後、限度額の変更の操作を行っていただくようお願いいたします。(限度額を引下げした場合は即時反映されますが、引上げは操作いただいた3日後からご利用可能になります。)

上に戻る

「お客様の操作が確認できませんでした。」というメッセージが表示される。

通信状況やタップのタイミング(ダブルクリック)などによって、起こる事象です。電波状況の良好な場所へ移動するなどして、改めてゆっくりと操作を行ってください。

上に戻る

スマートフォンの専用アプリを削除してしまい、ワンタイムパスワードが表示できない。

スマートフォンからサービスをご利用いただく場合にはワンタイムパスワードの利用は必須とさせていただいております。
専用アプリはパソコン画面から「ワンタイムパスワード利用解除」の操作を行わない限り常に有効な状態にあり、専用アプリを削除(アンインストール)してもワンタイムパスワードの利用を解約することにはなりません。この手順を誤ると、サービスへログインできなくなりますので、ダイレクトサービスにお電話いただくか、最寄の支店窓口で書面により「ワンタイムパスワード利用解除」の申込をいただき、再度、ソフトウェアトークンの発行申請、トークンのダウンロード、利用開始の操作を行っていただくと利用を再開できます。

  • ワンタイムパスワード利用解除や一時停止の操作を行うと、「振込・振替」の1日あたりの上限金額は一律で50万円までに変更されますので、必要に応じてワンタイムパスワードの再登録が完了した後、限度額の変更の操作を行っていただくようお願いいたします。(限度額を引下げした場合は即時反映されますが、引上げは操作いただいた3日後からご利用可能になります。)

上に戻る

ソフトウェアトークンとして利用している端末を機種変更する場合に必要な操作は?

ソフトウェアトークンとして利用中の端末を機種変更する場合は旧端末のアプリを無効にする「ワンタイムパスワード利用解除」の操作をパソコン画面からご自身で行なってから、新端末にアプリをダウンロードし直す事が必要です。 この手順を誤ると、サービスへログインできなくなりますので、ダイレクトサービスへお電話いただくか、最寄の支店窓口で書面により「ワンタイムパスワード利用解除」の手続きが必要になります。
その後で、ご自身で再度、ソフトウェアトークンの発行申請、トークンのダウンロード、利用開始の操作を行っていただくとサービスが再開されます。

  • ワンタイムパスワード利用解除や一時停止の操作を行うと、「振込・振替」の1日あたりの上限金額は一律で50万円までに変更されますので、必要に応じてワンタイムパスワードの再登録が完了した後、限度額の変更の操作を行っていただくようお願いいたします。(限度額を引下げした場合は即時反映されますが、引上げは操作いただいた3日後からご利用可能になります。)

上に戻る

iCloudなどに保存されているアプリは機種変更後の新端末で使用できますか?

ソフトウェアトークンアプリは複製できないように制限されており、バックアップとして保存したデータは利用することができません。機種変更や端末を初期化する際には事前にワンタイムパスワードの利用解除を行い、端末内に保存されているアプリとiCloudなどに保存されているアプリの両方を削除したうえで、新たにトークン発行の操作を行ってください。

上に戻る

ワンタイムパスワード利用解除後はいつから再申込(トークン発行)ができますか?

  1. 店頭やテレホンバンキングでお申込された場合:1時間程度経過するとトークン発行が可能になります。
  2. ご自身で利用解除の操作を行った場合は以下のとおり時間帯によって異なりますのでご注意下さい。
    1. (1)8:00から20:00の間に利用解除を行った場合(店頭やテレホンバンキングでお申込みした場合も同様です。)は1時間経過後にトークン発行が可能になります。
    2. (2)20:00から0:00の間に操作した場合は翌日1:00以降にトークン発行が可能になります。
    3. (3)0:00以降の深夜から早朝にかけての時間帯に操作すると翌朝9:00を過ぎるとトークン発行が可能になります。
  • ワンタイムパスワード利用解除や一時停止の操作を行うと、「振込・振替」の1日あたりの上限金額は一律で50万円までに変更されますので、必要に応じてワンタイムパスワードの再登録が完了した後、限度額の変更の操作を行っていただくようお願いいたします。(限度額を引下げした場合は即時反映されますが、引上げは操作いただいた3日後からご利用可能になります。)

上に戻る

スマートフォンで「デスクトップ表示」機能を利用できますか?

AndroidOS4.0以降のOSで提供されている「デスクトップ表示(スマートフォンでパソコンブラウザ画面を表示する機能)」をログイン中に使用すると、ご利用されている端末の種類が識別できなくなり、「B047:お客様の操作を確認できません」というエラーが表示されますので、デスクトップ表示(名称は端末のメーカーや機種によって異なる場合があります。)は使用しないようお願いいたします。

上に戻る

他行のトークンと併用してご利用される場合の操作について

既に他の銀行のワンタイムパスワードアプリをダウンロードずみの場合は以下の手順で操作願います。

  1. 新たに追加する銀行のサイト上で「トークン発行」の操作を行う。
    • アプリのダウンロードは行わないでください。(アプリは上書き保存できないため、「トークンダウンロードずみ」というエラーが表示されます。)
  2. 現在利用中のアプリを起動する。
  3. 画面右上の設定メニューを開き、「トークン追加」の操作を行う。
    (最大10件のソフトウェアトークンを登録できます。)
  4. 追加されたトークンからログインする。
    (アプリを開く際に、銀行を選択する画面が追加表示されます。)

上に戻る

IBロックのご利用についての質問

携帯電話を機種変更する場合のご注意

一般の携帯電話をスマートフォンへ機種変更するとサービス内容がモバイルバンキングからインターネットバンキングへ変わるため、IBロックは利用できません。
スマートフォンの購入前にIBロック利用登録メニューで「(IBロックを)利用しない」を設定して下さい。

上に戻る

IBmini