北海道銀行

MENUを開く

  • 店舗・ATM検索
  • 各種手数料
  • 利率一覧
  • どうぎん取引照会アプリ
  • 口座をひらく
  • カードローンラピッド
  • 投信基準価額
  • 外国為替相場情報
  • よくあるご質問
個人のお客さま
  • TOPページ
  • 口座をひらく
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる
  • 便利に活用する
  • ライフイベント
  • 各種サービス
  • お問い合わせ
法人のお客さま
  • TOPページ
  • 資金調達
  • 経営・事業支援
  • 為替業務
  • 海外進出
  • 成長分野
  • EBサービス
  • でんさいサービス
  • お知らせ
  • 株主・投資家の皆さま
  • 北海道銀行のご案内
  • 採用のご案内

メニューを閉じる

ホーム > 便利に活用する > 道銀ダイレクトサービス > ワンタイムパスワードについて

ワンタイムパスワードについて

ワンタイムパスワードの操作手順とご利用について

【重要なお知らせ】

インターネットバンキングを安全にご利用いただくため、インターネットバンキングの「振込」および民間企業宛の「各種料金払込み(ペイジー)」の機能はワンタイムパスワードをご利用されているお客様のみが、ご利用いただけるように変更させていただきます。

  • 「振込」および「ペイジー」をご利用されないお客様にも、「ワンタイムパスワード」のご利用をお勧めいたします。
  • (株)NTTデータのページへリンクします。こちらのリストに掲載されていない携帯電話の機種やスマートフォンのOSではアプリのダウンロードができないため、ワンタイムパスワードをご利用する際は「ハードウェアトークン」のご利用をお願いします。
  • 注)ソフトウェアトークンは携帯電話、スマートフォンの専用アプリであり、パソコンやタブレット端末、NTTドコモ、au、ソフトバンク以外のスマートフォンおよびiPod touchなどにはダウンロードできませんのでご注意願います。

ワンタイムパスワードとは

  • ワンタイムパスワードは、1分毎に自動発行される使い捨てパスワードです。
    パスワードを推測されることが無く、従来の固定式パスワードと比較して、インターネットバンキングをより安全にご利用いただけます。
  • ワンタイムパスワードを自動的に作成して表示する装置のことを「トークン」と呼びます。北海道銀行ではお客様の携帯電話や、スマートフォンにダウンロードするアプリ方式の「ソフトウェアトークン」と、専用機でワンタイムパスワードを表示する「ハードウェアトークン」のどちらか一つを選択してご利用いただきます。(どちらか一方を選択していただくため、2種類を併用することはできません。またソフトウェアトークンは携帯電話、スマートフォンの専用アプリであり、パソコンやタブレット端末、NTTドコモ、au、ソフトバンク以外のスマートフォンおよび iPod touch などにはダウンロードできませんのでご注意願います。)
  • パソコンからインターネットバンキングを操作する際に、「トークン」に表示されている「ワンタイムパスワード」をパソコン画面上で毎回手入力して取引を行います。
  • スマートフォンから操作する場合はワンタイムパスワードアプリを起動してログインして下さい。ログインの際にワンタイムパスワードが自動的に入力され、操作が容易です。
  • ワンタイムパスワードはダイレクトサービス1契約につき1個のトークンでご利用いただきます。

メニューに戻る

ワンタイムパスワードご利用の前に

  • ソフトウェアトークンは携帯電話、スマートフォンの専用アプリであり、パソコンやタブレット端末、NTTドコモ、au、ソフトバンク以外のスマートフォンなどにはダウンロードできませんのでご注意願います。
  • ワンタイムパスワード機能は無料でご利用いただけます。ただしアプリのダウンロードにはパケット料金が発生します。
  • ワンタイムパスワードは「ログイン」、「振込」、「税金・各種料金払込」などの操作の場合に入力が必要になります。
  • スマートフォンから道銀ダイレクトサービスをご利用いただく場合はワンタイムパスワードの利用が必須となります。またパソコンとスマートフォンを併用する場合は、パソコンからサービスをご利用いただく場合でもワンタイムパスワードの入力が必要になります。

メニューに戻る

ソフトウェアトークンについて

  • ソフトウェアトークンはスマートフォンや携帯電話のアプリ機能を利用してワンタイムパスワードを作成し表示します。(携帯電話やスマートフォンの時計を利用して機能するため、日本国外でのご利用はできません。)
    ※ご利用可能なスマートフォンの機種はこちら
    ※ご利用可能な携帯電話の機種はこちら
    (株)NTTデータのページへリンクします。こちらのリストに掲載されていない携帯電話の機種やスマートフォンのOSではアプリのダウンロードができないため、ワンタイムパスワードをご利用する際は「ハードウェアトークン」のご利用をお願いします。
  • ソフトウェアトークンは携帯電話、スマートフォンの専用アプリであり、パソコンやタブレット端末、NTTドコモ、au、ソフトバンク以外のスマートフォンおよび iPod touch などにはダウンロードできませんのでご注意願います。
  • ソフトウェアトークンをお手元の携帯電話やスマートフォンにダウンロードする場合、ダウンロード先のURLを電子メールでお知らせします。メールのドメインは「@otp-auth.net」ですので、事前にメールが受信可能な状態にして下さい。
  • 携帯電話、スマートフォンともに端末1台につき1件のアプリがダウンロード可能です。1件のアプリで最大10件のソフトウェアトークンが利用可能です。2件目以降のトークンを登録する場合はアプリの「設定」ボタンから「トークン追加」の操作を行ってください。またスマートフォン用のアプリでは同一の金融機関のアプリであっても複数登録することが可能です。
  • スマートフォンを中心にご利用なさる方はスマートフォン専用ソフトウェアトークンをご利用されると便利です。

メニューに戻る

ハードウェアトークンについて

  • ハードウェアトークンはワンタイムパスワードを表示する専用の装置です。 お申込いただいてから2週間程度で銀行届出のご住所に書留で郵送いたします。(発送は日本国内に限らせていただきます。)
  • ハードウェアトークンは有効期限があります。期限の前にメールでお知らせいたしますので、切替手続きを行っていただくと新しいトークンを送付いたします。
  • ハードウェアトークンは大切に保管願います。紛失や破損された場合は再発行手数料を頂戴いたします。
  • ハードウェアトークンは一旦お申込いただくと、「取消」や「解約」はお客様のパソコンからは操作できません。現品がお手元に届いてから最寄の支店窓口にご印鑑と現品をご持参いただき所定の手続きが必要となりますので、ご了承願います。

メニューに戻る

端末を変更される場合のご注意

  • ソフトウェアトークンをダウンロードした携帯電話やスマートフォンの機種変更や修理などを行う場合は以下の手順で操作を行ってください。
  1. (1)機種変更や修理の前にご利用中のスマートフォンまたはパソコンから道銀ダイレクトサービスへログインいただき、「ワンタイムパスワード」のメニューから「ワンタイムパスワード利用解除」の操作を行い、利用中のワンタイムパスワードを解約してください。
  2. (2)利用解除後は既存のアプリは最新版ではない可能性がありますので端末内から削除(アンインストール)してください。同一アプリで複数のトークンを併用している場合はそれぞれのトークンについて同様の作業(ワンタイムパスワードの解約)が必要になりますので、ご注意ください。
  3. (3)機種変更や修理が完了した後、新端末から当行ホームページ上のログインボタンから道銀ダイレクトサービスへログインしていただき、画面の指示に従ってワンタイムパスワードの利用申込を行ってください。
  • 「利用解除」の操作を行わずに誤ってアプリを削除したり、機種変更や修理、初期化などのために既存のアプリが利用出来ない状態になってしまうとサービスへ一切ログインできなくなります。
    この場合はダイレクトサービスにお電話いただくか、最寄の店頭で、お通帳、届出印鑑、本人確認書類をご持参のうえ書面によるワンタイムパスワード利用解除の手続きが必要になります。
  • ソフトウェアトークンの登録作業が未了の段階(ワンタイムパスワードが表示されていない状態)であれば使用する端末が変更となった場合は、「利用解除」の操作は必要ありません。新端末で新たにトークン発行申請を行い、操作を完了させることが可能です。(詳しくは道銀ダイレクトサービスへお問合せ下さい。)
  • ソフトウェアトークンアプリは複製できません。iCloudなどに保存されたデータはバックアップとして利用することはできませんのでご注意ください。(機種変更の際は上記(1)~(3)の操作が必要です。)
  • ワンタイムパスワード利用解除や一時停止の操作を行うと、「振込・振替」の1日あたりの上限金額は一律で50万円までに変更されますので、必要に応じてワンタイムパスワードの再登録が完了した後、限度額の変更の操作を行っていただくようお願いいたします。(限度額を引下げした場合は即時反映されますが、引上げは操作いただいた3日後からご利用可能になります。)

メニューに戻る

トークンの解約・変更について

  • トークンの解約
    ソフトウェアトークンは解約(ワンタイムパスワード利用解除)がご自身の操作で可能ですが、ハードウェアトークンはお客様ご自身の操作では解約(ワンタイムパスワード利用解除)はできません。
  • トークンの種類変更
    1. (1)ソフトウェアトークンからソフトウェアトークンへ
      ソフトウェアトークンをダウンロードした端末を機種変更や初期化する場合は必ず、事前に既存のソフトウェアトークンを解約(利用解除)したうえで新端末に新しくアプリをダウンロードしてください。
    2. (2)ソフトウェアトークンからハードウェアトークンへの変更
      既存のソフトウェアトークンを利用解除した後、パソコンからログインしてハードウェアトークンを選択して「トークン発行」を行ってください。この場合、ハードウェアトークンの利用開始が完了するまでの間はワンタイムパスワードがご利用いただけませんので、ご注意ください。(この間はパソコンからの振込、民間企業宛のペイジーはご利用できません。またスマートフォンからはログインができません。)
    3. (3)ハードウェアトークンからソフトウェアトークンへの変更
      最寄の支店窓口にご印鑑とお手元のハードウェアトークンをご持参いただき回収させていただいたうえで、書面でお手続きをいただきます。またソフトウェアトークンの申込はお客様ご自身で操作願います。
  • ワンタイムパスワード利用解除や一時停止の操作を行うと、「振込・振替」の1日あたりの上限金額は一律で50万円までに変更されますので、必要に応じてワンタイムパスワードの再登録が完了した後、限度額の変更の操作を行っていただくようお願いいたします。(限度額を引下げした場合は即時反映されますが、引上げは操作いただいた3日後からご利用可能になります。)

メニューに戻る

トークンの利用を一時的に停止する場合のご注意

  • ソフトウェアトークン、ハードウェアトークンともに利用を一時的に停止することが可能です。この場合、利用を再開する際に既存のトークンが必要になりますので、利用停止中の間であってもトークンは大切に保管願います。
  • ワンタイムパスワード利用解除や一時停止の操作を行うと、「振込・振替」の1日あたりの上限金額は一律で50万円までに変更されますので、必要に応じてワンタイムパスワードの再登録が完了した後、限度額の変更の操作を行っていただくようお願いいたします。(限度額を引下げした場合は即時反映されますが、引上げは操作いただいた3日後からご利用可能になります。)

メニューに戻る

複数のダイレクトサービスをご利用される場合のご注意

携帯電話、スマートフォンともに端末1台につき1件のアプリがダウンロード可能です。1件のアプリで最大10件のソフトウェアトークンが利用可能です。2件目以降のトークンを登録する場合はアプリの「設定」ボタンから「トークン追加」の操作を行ってください。またスマートフォン用のアプリでは同一の金融機関のアプリであっても複数登録することが可能です。

メニューに戻る

他行のトークンと併用して利用される場合の操作について

既に他の銀行のワンタイムパスワードアプリをダウンロードずみの場合は以下の手順で操作願います。

  1. (1)新たに追加する銀行のサイト上で「トークン発行」の操作を行う。
    アプリのダウンロードは行わないでください。(アプリは上書き保存できないため、「トークンダウンロードずみ」というエラーが表示されます。)
  2. (2)現在利用中のアプリを起動する。
  3. (3)画面右上の設定メニューを開き、「トークン追加」の操作を行う。
    (最大10件のソフトウェアトークンを登録できます。)
  4. (4)追加されたトークンからログインする。
    (アプリを開く際に、銀行を選択する画面が追加表示されます。)

メニューに戻る

その他の事例について

  • 以下の事例については「ダイレクトサービスQ&A」を参照願います。
    • 「ワンタイムパスワードが必要な取引の一覧」
    • 「利用開始パスワードについて」
    • 「アプリロック機能について」
    • 「エラーメッセージが表示される場合」
    • 「ハードウェアトークンが届かない場合」

メニューに戻る

端末の操作方法についてのお問合せ先

  • お手持ちの携帯電話やスマートフォンの操作方法や各自のサービスの契約

内容などの詳細は当行ではわかりかねますので、機器を購入された店舗や下記の各携帯電話会社のサポート窓口までお問合せください。

  1. (1)DoCoMoの場合
    DoCoMoインフォーメーションセンター
    DoCoMoの携帯電話からの場合:151(無料)
    一般電話からの場合:0120-800-000
  2. (2)auの場合
    総合案内
    auの携帯電話からの場合:157(無料)
    一般電話からの場合:0077-7-111
  3. (3)SoftBankの場合
    総合案内
    SoftBankの携帯電話の場合:157(無料)
    一般電話からの場合:0088-21-2000

メニューに戻る

IBmini