北海道銀行

MENUを開く

  • 店舗・ATM検索
  • 各種手数料
  • 利率一覧
  • どうぎん取引照会アプリ
  • 口座をひらく
  • カードローンラピッド
  • 投信基準価額
  • 外国為替相場情報
  • よくあるご質問
個人のお客さま
  • TOPページ
  • 口座をひらく
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • そなえる
  • 便利に活用する
  • ライフイベント
  • 各種サービス
  • お問い合わせ
法人のお客さま
  • TOPページ
  • 資金調達
  • 経営・事業支援
  • 為替業務
  • 海外進出
  • 成長分野
  • EBサービス
  • でんさいサービス
  • お知らせ
  • 株主・投資家の皆さま
  • 北海道銀行のご案内
  • 採用のご案内

メニューを閉じる

ホーム > ためる・ふやす > 外貨預金 > 外貨預金の基礎知識

外貨預金の基礎知識

外貨預金の仕組み・ポイントなどを、詳しく解説いたします。
外貨預金のご検討にぜひ、ご活用ください。

リスクと上手に付き合うには

  1. ステップ1

    焦らず長期運用を

    外貨のまま長期で運用すれば、利息によりある程度の為替差損の取り戻しが可能となりますので、為替変動リスクも平準化されます。

    • 短期運用
      短期的な為替相場の変動の影響を受けるため相場変動の幅は比較的大きくなる傾向にあります。
      そのため大きなリターンを期待できる反面、大きなリスクを伴います。
    • 長期運用
      長期的には為替相場の変動は平準化されるため平均リターンは変動幅が比較的小さくなる傾向にあり、安定した運用成果が期待できます。
      また、高金利通貨の場合、高い複利効果も期待できます。

  2. ステップ2

    通貨の特徴

    以下の代表的な3通貨については、一般的に次のような特徴があるとされています。

    米ドル
    • 世界の基軸通貨として流通している
    • 海外旅行等で外貨現金として使いやすい
    ユーロ
    • 米ドルに次いで第二の基軸通貨として地位を確立
    • イギリスを除くEU主要国の統一通貨
    オーストラリアドル
    • 比較的高金利の通貨として注目を集めている
    • 為替相場の変動が比較的大きい
    • 本表は、お客さまへの情報提供を目的としたものであり、上記3通貨、あるいは3通貨のうち特定の通貨への投資をお勧めするものではありません。

  3. ステップ3

    余裕資金で運用を

    外貨預金には為替リスクがつきものなので、日常使う資金や使いみちが決まっている資金ではなく、当面使わない余裕資金を外貨で運用しましょう。

IBmini

ためる・ふやす